デュタステリドの効果と副作用

デュタステリドは、発毛、育毛に優れた効果を発揮することで注目を集めています。
男性型脱毛の原因は、男性ホルモンの分泌によるものだけではなく、そのホルモンが皮脂腺から出る酵素との結合によって、毛根の成長を妨げることにより起こります。
これまでの育毛剤は、男性ホルモンの抑制のみに働きかけるものが主流となっていましたが、発毛が始まっても、安定した定着感を得ることに難しさがありました。ホルモンバランスの関係から、かえって抜け毛が始まることもありました。デュタステリドでは、もう一方の原因である酵素の作用をコントロールしますので、原因である二つの相乗効果から、これまでにない安定した発毛、育毛が得られるようになっています。
皮脂腺からの酵素の働きが顕著なタイプの方は、もとから脂性の傾向があります。その他に、体毛の濃い方たちにとっても、男性ホルモンが過剰気味であることから、分泌量の抑制効果があらわれやすい面があります。この二つのタイプの方が、利用にあたって最も効果を得られやす対象者になります。
このような発毛、育毛に大きな効果がある反面、副作用も心得ておく必要があります。デュタステリドは、男性ホルモンの分泌を抑えることから、男性の生殖機能にも影響を与えることがあります。もちろん個人差がありますので、使用者全員にみられる症状ではありませんが、気になる状態が現れ始めたら、一旦使用を見合わせることも大切になります。
デュタステリドの効果と副作用を十分に把握しながら使いこなすことが、最も良好な頭皮の状態を作り上げることになります。ただ、その他の疾患を抱えている場合などは、かかりつけの医師と相談しながら、慎重に進めていくことも大切になります。