ジェネリック医薬品って安全なの?

脱毛症に効果的な薬の種類に、経口薬型の育毛剤があります。この経口薬育毛剤で有名なのが「プロペシア」です。このプロペシアはフィナステリド(前立腺肥大症や前立腺がんなどに使用され、男性型脱毛症の治療薬にも用いられている)配合の育毛剤です。しかし、このプロペシアはとても高額なため、比較的安価なジェネリック医薬品である「フィンペシア」を使用している人も多いのが現状です。
しかし、その効果は半年後に多少実感できる程度という意見がありました。このため、フィンペシアよりも効果の高い「アボダード」に移行する人が増えています。アボダードもまた高価な育毛剤であるため、これと同等の効果のあるジェネリックを使用する人が増えています。
アボダードと同等のジェネリックとは、育毛成分であるデュタステリドが配合されている「デュタス」です。デュタスは、アボダード同様デュタステリドが0.5mg配合されています。このデュタステリドも当初は前立腺肥大症に使用され、後に脱毛治療薬として使用されるようになりました。そしてその効果は、フィナステリドよりもおよそ33%向上したという結果が出ています。
安価で同等の効果が得られるジェネリックは、果たして安全と言えるのでしょうか。厚生労働省では、「ジェネリック薬について主成分の安全性は、有効成分に関する試験や先発医薬品の市販後調査のデータにより確認がなされている」としており、「ジェネリック医薬品の試験項目が先発医薬品と比べ同等の安全性を有すると判断できる」としています。
これは、日本だけではなくアメリカや欧米各国でも同様で、最新の科学的知見に基づいた世界標準的な考え方になっているのです。

純正品とジェネリック医薬品との違いは?

ジェネリック医薬品というのは、純正品である先発医療薬品と同等であると、厚生労働省が認めた医薬品をさします。
安価なのが特徴となっています。
その理由は、先発医薬品の特許が満了した後に作られているからです。
有効成分をはじめ、分量や、用法、効能や用量は同じ医薬品として新たに申請されています。
大きさや味、においなどが異なる場合もあり、先発医薬品よりもさらに研究が進められ、保存性の向上やにおいが改善されている場合もあります。
違いは、先発医療薬品開発には、10年から15年ほどの期間で、多くの投資が必要とされているのに対し、ジェネリック医薬品は開発期間が3年と短いことがあげられます。
成分の有効性や安全性は確認されていますので、安心して服用することができます。
デュタステリドは、ジェネリック医薬品として販売されている経口薬育毛剤です。
デュタステリドは、一日一錠服用することが基本となっています。
その効果は、一本一本の毛が太くなり、脱毛を抑制することができます。
デュタステリドは、脱毛の最大の原因とされている成分を抑制する力があります。
皮脂腺に多く存在している原因物質と、毛乳頭に多く存在している原因物質の両方に働きかけることができます。
デュタステリドは、価格が安いため、続けやすいという方も多く、注目されています。
30錠、150錠、300錠のものがあり、錠数が多くなるごとに、一錠の単価も安くなります。
デュタステリドを使用する際には、一日に必要な用量を守ることが大切です。
多く飲むことで効果が大きくなるというわけではありませんので気をつけましょう。
自己判断をせず、医師の処方を受けてから使用をすることがベストです。

飲み薬と塗り薬のメリット・デメリット

男性型脱毛症の治療薬としては、フェナステリドが含有されているプロペシアなどが有名なものとなっていますが、その他にもデュタステリドなどの治療薬も登場しています。
デュタステリドは錠剤型で服用できる、AGA治療薬となります。
薬のタイプとしては飲み薬と塗り薬のタイプがあって、それぞれにおいてメリットやデメリットがあります。
飲むタイプのものは、有効成分が全身に行きわたるために、身体の内部から治療することが可能で効果としても現れやすいメリットがあります。
錠剤であれば使用方法としてもとても簡単なものであるということができますので、決まった時間に飲むだけで済むということで服用を継続しやすいものとなります。
飲み薬のデメリットとしては、有効成分が身体の全身に行きわたってしまうことが、逆に副作用が発症してしまったときに症状が大きく出ることが考えられます。
体毛が濃くなってしまったり、持病を持っている人の場合には服用ができないことも考えられます。
塗り薬の場合には、気になる箇所だけに直接的に塗布することが可能なので、部分的な治療ができる点がメリットとなります。
飲み薬のように全身に対して有効成分が行きわたるといったことは期待できませんので効果は小さくなりますが、その反面として副作用についても現れにくいものと言えます。
塗り薬のデメリットとしては、肌が弱い人であったり、相性が悪い場合には皮膚の炎症やかゆみを発症させてしまうことが挙げられます。
AGA治療薬としては、飲み薬に対して塗り薬のほうが割高になってしまうこともデメリットと言えます。
デュタステリドのような飲み薬のほうが、安い価格で購入することが可能ですので、値段が安いことによって服用が続けやすくなります。