デュタステリドの強み

これまでAGA(男性型脱毛症)に最もよく効くと言われてきたのはフィナステリドですが、その3倍の効果があるとして注目されているのがデュタステリドです。
AGAは、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の作用でDHT(ジヒドロテストステロン)に変化し、それが毛乳頭のレセプターと結びついて抜け毛を促進し、毛周期を乱してしまうことが原因で起こります。したがってAGAを治療するには5αリダクターゼを抑制することが必要になりますが、実は5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。フィナステリドはこのうちⅡ型にのみ作用しⅠ型には作用しないため、Ⅰ型が原因の薄毛には効果がありません。
従来AGAはⅡ型が原因で起こると考えられていましたが、近年Ⅰ型も無関係ではないことがわかっており、そのためⅠ型が原因で発症した薄毛の場合はフィナステリドでは効果がありません。しかしデュタステリドはⅠ型・Ⅱ型の両方に作用するため、今までフィナステリドで効果が見られなかった人でも改善が期待できるのです。これはデュタステリドの大きな強みといえます。
また、血中半減期はフィナステリドが6~8時間であるのに対し、デュタステリドは4週間程度と非常に長く、その分効果が長続きするのも強みといえますが、逆にいうとその分肝臓に負担がかかるとも言えます。ただし用法用量を正しく守っていれば、元々肝臓に病気のあった人を除き、特に重篤な副作用が出るおそれはありません。副作用という点では、男性ホルモンに直接働きかけるのではなく、酵素5αリダクターゼに対して作用するので、作用が間接的であることからも比較的副作用が少なく、安全な薬であると言えます。

<デュタステリド購入はこちら>
デュタステリド